業務用エアコンのメーカー価格の値引率に注意 - 業務用エアコンの価格解決白書

HOME » 業務用エアコンの価格ガイド » 業務用エアコンのメーカー価格の値引率に注意

業務用エアコンのメーカー価格の値引率に注意

国内の代表的な業務用エアコンメーカーとしては、ダイキン・パナソニック・三菱電機・日立・三菱重工・東芝の6社があります。
メーカーごとに様々な機種を揃えていますし、それぞれ特徴や価格にも違いがあって、価格に関してはメーカーのパンフレットやサイトに提示されているので確認することができます。
しかし実際に業務用エアコンはメーカーよりも代理店の方が、リース価格が安いのが一般的になっています。

どの程度の値引きになるのかは、機種や取扱店で異なるので一概には言えませんが、参考として各種類の大体の掛率を知っておくと役立ちます。
天井埋め込みカセット型の4方向ならメーカー価格の約25%〜40%で、2方向では約35%〜45%、1方向は約40%〜50%程度です。
また壁掛け型ならメーカー価格の約30%〜40%で、床置き型や天吊り型は約40%〜50%程度と言われています。
それからビルドイン型やダクト型などあまり出回らないタイプで競合することが少ないものは、メーカー価格の約70%〜80%です。

しかし、もっと大幅な値引き率で販売しているサイトや業者がいるという方もいるでしょうし、実際に見たり聞いたりすることがあります。
購入する側からすると予想をはるかに超える値引き率なら、お得なので購入しようかなと考えることもあるでしょう。
しかし、値引率にばかりに囚われて安い商品を購入すると、実は高い買い物になってしまうという落とし穴にはまる可能性もあるのです。

ただ、一般の方が業務用エアコンに関する情報を収集するには限界があるので、複数の施工業者に直接相談してみるのもひとつの方法です。
また施工業者に直接相談することでベストな機器を選定するためのアドバイスやメーカーの特徴・違いも教えてくれます。
自分で集めた情報で素人判断するよりも、プロに相談した方が安心で確かな判断ができることが理解できますし、結果的に最高のパフォーマンスを発揮してくれる設備導入ができるのです。