業務用エアコンと家庭用エアコンではどのような違いがあるのか? - 業務用エアコンの価格解決白書

HOME » 業務用エアコンの価格ガイド » 業務用エアコンと家庭用エアコンではどのような違いがあるのか?

業務用エアコンと家庭用エアコンではどのような違いがあるのか?

小さな事務所や店舗でエアコンを導入する場合に、業務用エアコンにするか家庭用エアコンにするかを悩むケースもあります。
その為、業務用エアコンと家庭用エアコンにはどのような違いがあるのか、同じ馬力でも能力や耐久度に違いがあるのかなどが気になります。
また、各エアコンでもリース価格の差が大きいのが特徴です。

結論から言えば細かい部分については違いがあるけれども、大きな違いはないので馬力さえ適しているのであればどちらを選択しても問題はありません。
ただ、同じ広さでもその部屋の構造やエアコン設置場所、使用用途など様々な条件によって、業務用エアコンと家庭用エアコンのどちらを設置した方が良いのかは変わってきます。

例えば、設置する場所の広さが10坪程度であれば基本的には3馬力の製品で大丈夫なのですが、ドアの開閉が多い店舗に関しては、ある程度馬力の高い業務用エアコンを設置したほうが良い場合があります。
また、美容室やパソコンが数多く並んだオフィスなど熱源がたくさんある場所ということでも、馬力については変わってくるものです。
このような判断はなかなか素人では難しいことなので、エアコンの導入を考える場合には、施工業者に相談して判断してもらうのが安心ですし確かなことと言えます。

このようなことを理解した上で、業務用エアコンと家庭用エアコンの違いを豆知識として知っておくのも役立ちます。
まず電源ですが一般的な家庭用エアコンは単相200Vで、業務用エアコンは単相200Vと三相200Vの両方があります。
この電源につながることですが、単相200Vは基本料金が安く使用量料金が高くて、逆に三相200Vは基本料金が高く使用量料金が安くなります。
年間どの程度の使用料になるのかでどちらがお得になるのかに違いがあるので何とも言えませんが、季節に関係なく使用する場合は三相、あまり使用しない場合は単相と考えることができます。
室外機ですが業務用の場合は1つで複数の室内機を接続することが可能で、その為に熱交換器に用いる銅管が厚くなっていますが、耐久性などには大きな違いはありません。